2017.11.09 骨髄抑制
久々の更新です。
ヨハンがいない生活にもすっかり慣れ、仕事と家事と育児で慌ただしく過ごしております(汗)
今日は仕事が休みでお一人様タイムを満喫しています。
こんな時、ヨハンのことをいろいろ思い出してしまいます。
抗がん剤をしていた頃、常に骨髄抑制、貧血を心配していました。
今も闘病を頑張ってる子達もそうですよね??
血液検査すればハッキリわかるんですけど、何か体調に変化があるとドキッとしてしまったり。
ヨハンの場合、本格的な骨髄抑制がみられたのは亡くなる少し前でした。怠いのか眼の力がなくなったり、歯茎が白っぽくなったり。
これは亡くなる数日前の歯茎です。もう真っ白。この頃は体温も低かったように思います。

これといって大した内容じゃないんですけど、何かのお役に立てればと思い書いてみました。
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ
スポンサーサイト
今回はペット保険のお話です。
ヨハンが加入していたのは「アイペット うちの子(70%プラン)」です。
解約自体はとても簡単!電話1つで書類を取り寄せできます。
オペレーターのお姉さんもとても感じの良い方で、御丁寧にお悔やみの言葉まで頂きました。
ヨハンが亡くなったのが7/23で、保険の有効期限が8/31だったので更新無しの満期解約かなって思っていましたが、なんとアイペットの場合、死亡診断書もしくは火葬の領収証の提出があれば解約日=死亡日となるそうです。(書類の提出がなければ解約申請書が受理された日が解約日になります)
私がアイペットに電話したのは7/30くらいでしたが、火葬の領収証があるので解約日は死亡日である7/23として処理されます。
保険料は月払いなので、7/24以降の分は日割り計算して返金されます。
後日返金された金額は2610円(笑)
保険の期限が残り1ヶ月、通院の回数上限まで残り2回。保険もほとんど使い切り、フードも15キロの大袋で買ってるのに残り1キロくらいだったし。ヨハンなりに身辺整理して旅立ったのかな、なんて思ったりして。なんともヨハンらしい!
もともとアレルギー持ちで、いつでも通院できるようにと加入したアイペット。最後の一年は本当に本当にお世話になりました。
ヨハンにここまで治療費をかけられたのもアイペットのおかげです。自費だったら断脚すらできなかったかも。。本当に保険って大事ですね!
頑張ったヨハンにご褒美ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ
だいぶ前の話になりますが。。
火葬も済んだところでお世話になった先生にご挨拶してきました。
手土産はお気に入りのケーキ屋さんで買ったお菓子の詰め合わせ☆
それと、何年か前にヨハンをモデルにして作られた人形も持っていきました!
(ヨハン、モデル経験あります笑)

先生もヨハンが亡くなった日に往診に来る予定だったけど、気になって前日の夜にでも来ようかと悩んでいたらしい。でも痛み止めの麻薬テープをはってもヨハンの辛い時間が長くなるだけかなとも思ったようです。
確かに病気が治るのならやるべき事だと思うけど、その場しのぎ的な延命ならヨハンも辛かったと思います。
ヨハンの最期を先生に話し、これまでたくさんのスタッフさんのお陰でヨハンも立派に生き抜くことができたと感謝の気持ちを伝えてきました。
迷ったけど背骨に転移していた事は言いませんでした。
先生はヨハンがもうココに来ないんだなと思うと寂しいと言っていました。またヨハンと一緒に戦い抜いて、やりきった感満載の私達をみて安心したと言ってくれました。
それから肺腫瘍が劇的に小さくなったメトロノーム療法を今新たに始めた子がいるそうです!いい結果が出るといいな!
先生はヨハンのことは絶対に忘れないし、この治療法で素晴らしい結果を残した子がいると他の患者さん家族に話すことによってヨハンは永遠に生き続けるんだって言ってくれたのがとても嬉しかったです!
私も今後ヨハンのことをいろんな人に語り継いでいこうと思います!
ご挨拶も済んで、長かった戦いも本当に終わったんだな、と思いました。
山あり谷ありでした。
でも不思議なくらい清々しくも感じています。
ペットロスにもなっていないし、ヨハンを想わない日は無いけれど涙することはありません。
ヨハンと暮らした日々は楽しい思い出がたくさんだから!!
ヨハン、これでいいんだよね?
頑張ったヨハンにご褒美ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ
2017.08.05 火葬のこと
ヨハンがなくなった日の夜、火葬車を手配して自宅の駐車場で荼毘に付しました。
もう少しヨハンの体に触れていたい気持ちもあったけど、ちょうど日曜日だったし、もしこの日を逃したら火葬できるのは1週間後??ってことになりそうで。真夏だし、さすがに無理なので当日にしました。
本当はヨハンを車に乗せて思い出の場所に行きたかったけどね。
業者さんがきてすぐ、ヨハンを火葬炉へ運びました。ビニールシートごと運べば大人2人で簡単にできました。
(火葬時の臭いを考えて)最後にビニールシートは引き抜きます。あと骨にビニールが引っ付いてしまう事があるみたいです。
大型犬の火葬は60~90分くらいです。お骨を拾って全てが終わったのは21時くらいでした。
抗ガン剤をすると骨がスカスカになるといわれているけどヨハンの骨は大きくて太くて驚きました。
火葬してわかった事。ヨハンの背骨の一部が緑っぽくなっていました。これは骨に転移してたという事です。
ヨハン。。。
痛かったよね。それなのに後ろから羽交い締めにして下腹部を押して排尿させてしまってゴメン。
痛いのに気づいてあげられなくてゴメン。
頑張ったヨハンにご褒美ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ
ヨハンが亡くなってから私たちがどんな事をしたのか記録しておこうと思います。
まずヨハンの体をきれいに拭いてあげました。感謝の言葉を伝えながら主人と私で半分ずつ拭きました。
前もってスノコなど用意しておけばその上に乗せて担架のように運べるので大型犬でもシャワーで洗ってあげることもできるそうです。
そのあと(うちはスノコがなかったので)長座布団の上にレジャーシートとトイレシートを敷いてヨハンを寝かせました。
長座布団はなくてもいいけど、硬い所に寝かせるのは可哀想かなと思ったので。
レジャーシートは火葬するとき担架の代わりになるし、トイレシートを敷いておけば万が一、ヨハンの体から体液が流れて来ても安心です。
ヨハンの場合、とくに体液が出てこなかったので鼻とか肛門とかに綿を詰める事はしませんでした。
それから保冷剤で腸のあたりを重点的に冷やし、死後硬直する前に脚を折り曲げてあげました。
ここまでで30分くらいです。
9時になったので主人が病院へ連絡しました。ヨハンが亡くなったこと、今まで本当にお世話になった感謝の気持ちを伝え、また後日ご挨拶に伺いますと言って電話を切りました。先生もヨハンにありがとうと伝えてと言っていたそうです。
それから親族にも連絡し、ちょうど実家に息子を預けていたので夕方に息子を送りつつヨハンにも会いに来てくれることになりました。
そしてこの日はちょうど日曜日。火葬するなら今日しかない!と思い急いで業者を検索。火葬車を手配してもらい、19時にうちの駐車場で火葬することにしました。
こんな感じであっという間にお昼になりました。
寝不足でフラフラだったけど、冷静に行動できたと思います。
これもヨハンが少しずつゆっくりと悪化していったので、私たちも心の準備をする期間があったからだと思います。これもまたヨハンに感謝です!
頑張ったヨハンにご褒美ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ