2017.08.05 火葬のこと
ヨハンがなくなった日の夜、火葬車を手配して自宅の駐車場で荼毘に付しました。
もう少しヨハンの体に触れていたい気持ちもあったけど、ちょうど日曜日だったし、もしこの日を逃したら火葬できるのは1週間後??ってことになりそうで。真夏だし、さすがに無理なので当日にしました。
本当はヨハンを車に乗せて思い出の場所に行きたかったけどね。
業者さんがきてすぐ、ヨハンを火葬炉へ運びました。ビニールシートごと運べば大人2人で簡単にできました。
(火葬時の臭いを考えて)最後にビニールシートは引き抜きます。あと骨にビニールが引っ付いてしまう事があるみたいです。
大型犬の火葬は60~90分くらいです。お骨を拾って全てが終わったのは21時くらいでした。
抗ガン剤をすると骨がスカスカになるといわれているけどヨハンの骨は大きくて太くて驚きました。
火葬してわかった事。ヨハンの背骨の一部が緑っぽくなっていました。これは骨に転移してたという事です。
ヨハン。。。
痛かったよね。それなのに後ろから羽交い締めにして下腹部を押して排尿させてしまってゴメン。
痛いのに気づいてあげられなくてゴメン。
頑張ったヨハンにご褒美ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ
スポンサーサイト
ヨハンが亡くなってから私たちがどんな事をしたのか記録しておこうと思います。
まずヨハンの体をきれいに拭いてあげました。感謝の言葉を伝えながら主人と私で半分ずつ拭きました。
前もってスノコなど用意しておけばその上に乗せて担架のように運べるので大型犬でもシャワーで洗ってあげることもできるそうです。
そのあと(うちはスノコがなかったので)長座布団の上にレジャーシートとトイレシートを敷いてヨハンを寝かせました。
長座布団はなくてもいいけど、硬い所に寝かせるのは可哀想かなと思ったので。
レジャーシートは火葬するとき担架の代わりになるし、トイレシートを敷いておけば万が一、ヨハンの体から体液が流れて来ても安心です。
ヨハンの場合、とくに体液が出てこなかったので鼻とか肛門とかに綿を詰める事はしませんでした。
それから保冷剤で腸のあたりを重点的に冷やし、死後硬直する前に脚を折り曲げてあげました。
ここまでで30分くらいです。
9時になったので主人が病院へ連絡しました。ヨハンが亡くなったこと、今まで本当にお世話になった感謝の気持ちを伝え、また後日ご挨拶に伺いますと言って電話を切りました。先生もヨハンにありがとうと伝えてと言っていたそうです。
それから親族にも連絡し、ちょうど実家に息子を預けていたので夕方に息子を送りつつヨハンにも会いに来てくれることになりました。
そしてこの日はちょうど日曜日。火葬するなら今日しかない!と思い急いで業者を検索。火葬車を手配してもらい、19時にうちの駐車場で火葬することにしました。
こんな感じであっという間にお昼になりました。
寝不足でフラフラだったけど、冷静に行動できたと思います。
これもヨハンが少しずつゆっくりと悪化していったので、私たちも心の準備をする期間があったからだと思います。これもまたヨハンに感謝です!
頑張ったヨハンにご褒美ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ